初めてのドイツ生活。~パーティデビュー 前編~

こんにちは、姉です。

今回のあらすじ↓

「ドイツ人ルームメイト(女子学生、医学部)が男の子3人を連れ込んできた!私もパーティに参加させられ・・・・?!」

ドイツで最初に暮らした家でのルームメイト、ラウラのお話。

ドイツで最初に住んだ家のドア

ドイツで最初に暮らした家。2DKを2人でシェアしていた。キッチンとバスは共有。

まず彼女のことを簡単にご紹介。

大学1年生で医学部に通う。5月頃の話だからこの頃はまだ新入生って感じだったのかな?

補足:

ドイツでは、多くの人がWGと呼ばれる仕組みを利用してアパートを他人とシェアします。

私はドイツを発つ前にWGを探すアプリを使ってこのアパートを見つけ、契約まで済ませていました。だから、ルームメイトに会うのも引越しの日が初対面だったのです。

最初にご挨拶に行ったときの印象ではとっても優しくて優秀、かつほっそりして可愛い良い子って感じだったんだけど実は・・・?

という感じ。

まあ、最後まで可愛くてとっても優しいってことに変わりはなかったんだけど。とにかく私が認識していたキャラクタとしては、

-真面目で優しくてかわいい-

って感じ。最初の2週間ぐらいはずっとそう思ってたの。そしたら。

ある日、朝起きていつものようにキッチンに行くと、そこに見知らぬ男の人とラウラがいる。

キッチン

ラウラと一緒に使っていたキッチン

!?

ってなるよね。驚いてぽかんとしていたら、

「あ、こちら友だちの〇〇~」って紹介されたので、

「あ、ああ、ハロー」ってとりあえずご挨拶。

彼氏さんかなあ、真面目そうでいい人そう。いいねえなんて思っておりました。

 

また別の日。

今度は語学学校から帰ってくると洗面所にまたも見知らぬ男が!

洗面所

洗面所はこんな感じ

今度はなんだか随分と陽気な、雰囲気的にスペインとかイタリア人ぽい男の人。

今度は誰?!って思っていたら

「あ、ぼくラウラの友人です~よろしく☆」と。

あ~なるほど。・・?

(この間の真面目そうな人は彼氏じゃなかったのかな?ラウラは男友達が多いのかしら)

「よろしく~」

っとだけ挨拶してやり過ごす。

 

そしてそして、また別の日。

また別の男子が現れました!

今度はザ、王道のカッコいい男の子って感じ。いかにも「ドイツ人」な男の子の登場です。

そうなんです。タイプの違うこれら3人の男の子が変わりばんこに時々現れ、しかもラウラは全員に対して同じように接していて、いったい誰が彼氏なんだ!?の状態。

というかまず思ったのが、部屋で2人きりで会う男の子が3人もいるってどういうこと!

そうして日が経ち・・

ある日語学学校から帰ってドアを開けると、男3人が大集合しておりました。

ヒョエー!

ラウラとその3人で外に買い出しに行ってきたばかり、という様子。ビールがドンっと積んである。

これってもしかして・・・

ラウラ:「今日みんなでパーティするんだけど」

(やっぱりーーー!)

「よかったら一緒にどう?」

私:「えっ私?!」

実はわたくし、日本に居た時からそんなにはっちゃけたタイプでもありませんでしたし、パーティ文化のあるドイツに来たからって急に性格が変わるわけもなく、基本的にパーティとかはあの、その、えーと・・・

うん。つまり苦手です、そういうの。

まだ18歳だったから、日本でも飲み会に参加したこともなかったし。

でも男3人はすでに、

「いえーい!一緒に盛り上がっちゃおうゼイ!!」

みたいな雰囲気で、ここで断ると残り一か月のWG生活に支障をきたすかも?!なんて考えると断れず。

「う、う、う、うん・・・!」

とお返事しました。

こうして、「参加しない方がいい感」マックスのパーティに参加することになりました。

続く

恐怖!悪徳 鍵業者 (後編)

恐怖!悪徳 鍵業者 (前半)の続き、後編


(あらすじ)

ドイツ生活にも少し慣れてきたある5月の平日。

急に思い立ち、デリバリーでベトナム料理を注文した私はわくわくと到着を待つ。

インターホンが鳴り、用意していたお金を握りしめ外へ出た私は鍵を持たずにドアを閉めてしまう。ドイツでは、パタンと閉じるだけで施錠せずともドアが閉まってしまい、鍵なしでは外から入れなくなる。部屋の中に鍵を置いたまま家から閉め出されてしまった私は隣人に頼み込んで鍵業者を呼ぶが、そこでやってきたのは・・・?!


それらしき軽トラがやってきたぞ!と思い目を凝らすと中から出てきたのはいかにもワルって感じのコソ泥風の小さい男(命名:ちっちゃい泥棒)と太った大男(命名:ボス)。ヒイイイイイイ。

やっちまったーーー。

まあ見た目が怖くても優しいってあるしね!何でもいいよね!

とにかく早くドアを開けてほしい!よろしくお願いいたします!!

ちっちゃい泥棒:はい、あなたね。閉め出されちゃったんだ~~大変だね。

私:(よかった、見た目に反して意外と優しそう)

そうなんです!一瞬外に出たときに、鍵を持たずにドアを閉めちゃって・・・泣

ちっちゃい泥棒:じゃ、見てみようか。すぐ終わるよ~多分。

ボスとちっちゃい泥棒、裸足の私の3人で私の部屋まで向かう。

・・・

見てもらった結果、おそらく専用の薄いカードを使えば大層なことをしなくてもドアをこじ開けることはできるらしい。

それが上手くいかなければ鍵の取り換えになる、とのこと。

それを了承した上で書類にサインを求められた。ヒイ。

そのとき提示された金額が大体250ユーロ。

まあ法外な金額では無いなと思い、サイン。(後に大航海、違う大後悔することになる。)

さてここで問題。なぜ私は250ユーロが妥当な金額だと思ったのでしょう?

正解は

実はちょうど数日前に、偶然語学学校で鍵修理の話題が出ていたのです。あらびっくり。

そしてなんと、クラスメイトの中に既にドイツで2回も鍵業者を呼んだことがあるというツワモノがいて、彼が言うには請求金額は大体100ユーロから200ユーロということ。

だから、この提示されてる金額はそれよりちょっと高いけれど、でもまあその相場からはあまり外れてないなと思ったのです。そして契約書にサイン。

・・そう、サインをしてしまったの!ボスがここにしろ、というので。

後から思えばそれが本当にまずかったんだよねぇ・・・・。でも怖かったですし。もし逆らってボスが何かしてきたら、とか、後々この人たちに追われたり?!なんて考えるととてもNOとは言えず・・・。

ボスによると、ちっちゃい泥棒は研修中らしい。ボスのアドバイスを受けながら試行錯誤している。専用の薄いカードでどうにかドアをこじ開けようと奮闘するものの上手く出来ず、あえなくボスに交代。

(っていうか、そのカードっていうのも私から見るとペラペラのプラスチックにしか思えない。専門家ならもっとちゃんとしたカードを用意できるだろうにっ。)

で、ボスが交代して試すけれどそれでもドアは開かず・・・。

2人ともぜーはーぜーはー、重労働こなした感を大いに漂わせながら、

「このドアはカードでは開けられないから、鍵を壊して新しいものと取り換えることになる。」

なんておっしゃって。

ガーン。

そして、

「このドアの鍵は特殊なタイプだから特別な部品が必要になる。」

さらにガーン・・・。

・・・・。

ということで、ボスが4階からえっさほっさ下まで降り、トラックから部品を取ってきます。

その間もいちいちすごく大変そうに、ぜーはーぜーはー。

ちっちゃい泥棒の方が何倍も身軽だし、彼が行けばいいのにって私は思ったけどね。太った大男のボスが行くから本当にぜーはーぜーはーしてて。

とっっても大変なことを、俺たちはあんたの為にやってるんだぜ、

みたいな。

ボス無事帰還。

ぜーはーぜーはー言いながらもようやく新しい鍵がドアに取り付けられ、とりあえず完成。拍手!

もともと付いていた鍵のパーツは完全に壊されています。

まあ、新しいものに付け替えるときに無理やり壊してたからね。ハンマーでガンガン叩いて。

さっ、お会計のお時間です。

最初に提示されていた金額(=250ユーロ)をハイこれだけ払ってくださいね!

とはならず・・

やれ新しい鍵を取り付けた、特殊な部品を使った、時間が長くかかった、などの理由をつけてボスの手によりお支払い項目がどんどんどんどん、どんどんどんどんどん・・・・

追加されていき。

(サインした後にその契約書を変更って無しじゃない?!)

あれよあれよという間にお会計金額がとんでもなく膨れ上がっていきます。

最終的に決まった金額が960ユーロ!

・・・?!

何ですと!

だって私はその時本当にお金がなく、残金を目に見える状態で管理するために、全財産を現金で持っておりました。銀行から全部おろして。

300ユーロだったんだけど。

そんな私に960ユーロなんて払えるわけがなく、その旨伝えると、

それはありえない、絶対に今払ってもらわないといけない。

と言われ・・・。(恐怖)

とっっても怖かったけど、

それでも 全財産が300ユーロ というのが現実で。

どうやったってお金がなくて払えないんですがどうしましょう

と、相談。

ほかにも、

日本に両親がいるから、連絡すればお金を送金してくれると思う。だけど3日ぐらいはかかる。それが私が今できる一番早い手段だ。

と伝えました。

でも、ボスとしてはいま全額をもらわない限り絶対にこの場をどかないぞという感じ。

とりあえず今持ってるお金を全部出せと言われ、結局、全財産300ユーロを出しちゃいました。

出さなきゃよかったって今なら思うけど、でも。

こわかったし。

お財布出せって言われたから出しちゃったし。

その中に入ってた300ユーロ見られちゃったし。

・・・・・・。

そして、残りの600ユーロをどうするかというお話に。

そしたらびっくり。

何か担保にできるものはないのかって言いながら二人とも部屋に入ってきたの!!!!ヒイイイイイイ!!!

私の狭い部屋にコソ泥とボスのどっちもが入ってきて、部屋の中をうろうろ探しだして。

ブランドもののバッグとか、高い電気製品とかそういうものが有るかと想像していたんでしょうけど、私、本当に質素な暮らしをしていたからそんな贅沢なものなんてなーーーーんにもない!

だからもう、どうぞ諦めてくださいまし。って

思いました。

そんでその後、途中でちらっと話してしまってた彼氏(ドイツ人)のことを聞かれて、

ドイツ人の彼氏がいるならそいつに連絡しろッていわれ

彼に電話したらすぐお父さんに代わってくれてお父さんとボスが5分ぐらい押し問答してたんだけど

お父さん、法律関係のお仕事をされててその辺に詳しいから、

「こんなことは絶対にありえないし、許されない、通用しない」って言ってくれて泣

結局、まあいいよ、でも明日までには絶対に残金を払えよ、と言われ、

まあそんなことを言いながらも、私の300ユーロを持ってようやく帰ってくれました。

ボスはずっと泣きたくなるほど怖かったけど、研修生のちっちゃい泥棒の方は最後のほう、あなたこんなにお金のない女子大生なのにこんなことになって運が悪かったねみたいな空気感を出してくれてたから、まあ・・

そうは言っても怖かったけど!十分に!

帰って行ったあとぐすんぐすんだったし。

でももっともっと怖い事件とかに発展する可能性だってあっただろうから、300ユーロ取られただけで終わって良かった。