ドイツ音大受験その3

ドイツ音大受験 つづき

ドイツ音大受験対策コース
ドイツ語A1~B2対策コース
ドイツ音大 ソルフェ対策コース

実技試験をパスした人を待ち構えているものが、聴音の試験と副科ピアノの試験。

聴音/和声の試験と副ピの試験はほとんど同時に行われた。最初に聴音試験でその次にピアノの人もいれば、その逆の人もいた。そうして最後に来るのが和声の口頭試験。私は、この和声の試験に強い不安感を抱いていた。なぜかって、そこではまたドイツ語を話さないといけないからだ。しかも今度はもちろん自己紹介程度では済まず、聴音の和声課題で担当の先生から聞かれた質問に対してドイツ語で答えなければいけない。

その部屋には男性の先生が2人いて何か楽しそうにお話していたけれど、私が入っていくと「次は君かな」みたいな感じでお二人がくるりとこちらを向いて、部屋の雰囲気がすーと青色の試験モードに切り替えられていくのを感じた。

ああ、とうとう試験が始まってしまう!

なんの楽器弾いてるの、どんな曲弾いてるの、実技試験はどうだった、なんていう和声の試験には関係ないことを聞かれてそれに答えていくうちに「じゃあ、カデンツァ課題からやってみようか」ということになった。

カデンツァ課題に関しては、かなり準備をしていった。カデンツァ課題というのは、私が受けた音大では先生が指定した調のカデンツァを12小節分くらい、自分でドイツ語で解説を加えながらピアノで弾いていくもの。

私は確かa moll (イ短調)を指定された気がする。緊張しつつも、何十回も練習していったとおりに口から言葉が出てくる出てくる。弾き終わってほっとしていたところで、一番私がやりたくなかった和音の分析の方に課題が進んでしまった。

この課題では先生がなにかしらの和音をピアノで弾いて、それに対して受験生側がそれが何の和音か答える。実は日本で習ってきた和声とドイツのそれにはかなり異なる点がいくつもあって、それが私をひどく参らせていた。例えば、ドミソという簡単な和音。これが転回してミソドになったとする。これは日本では「第一転回形」ということになるのに、ドイツでは「ゼクストアコード(6の和音)」という。なぜゼクスト(6、という意味)かというと、根音のミ(和音の一番低い音)から見て一番高い音のドが6番目にきているからだ。

これらをすべて学習し終えてなるほど、と思えるまでにはいくらかの時間が必要だ。

先生がぽろんぽろんピアノを弾いていく。今先生が弾いているのが何調で、その調にとってその和音が何なのか(属和音など)その和音そのものは何という和音なのか(長3和音、減7和音など)。答えなければいけないことはたくさんある。

私はそれらをドイツ語で素早く答えなければいけないプレッシャーに押しつぶされそうだった。中には「これは分からなくてもいいけど、もしかして分かったりする?」なんて言われたものもあって、その時の私は残念ながらうまく答えられなかった。でもドイツの音大で1年間和声の授業を受けた今なら、落ち着いて答えられるかなと思う。

そうしてやっとその和声の試験が終わった。試験時間は多分10分程度のものだったと思うけど、私にはひどく長く感じられた。

その次に同じ部屋で続けてリズム打ちと新曲視唱の課題があった。これらは私がもともと割と得意としていたもので、それまでの和音分析と比べたらもう10秒くらいで終わった感覚だった。

和声の試験の後は聴音の試験があったけど、これも問題なく終わった。簡単なメロディー聴音と和声の書き取り問題たち。

聴音の試験は特にドイツ語を話さなくて良かったので気が楽だった。

最後が副科ピアノの試験だった。ここではちょっとしたハプニングが。(というかかなりのハプニング?)

私は副科ピアノ受験用に1曲だけを準備して熱心に練習していったけれど、本当は違う時代の作曲家から2曲を選んで弾かなければいけなかったのだ。

当日ピアノの試験会場で用意した曲を弾き終えてほっとしていると、試験官の先生から「素晴らしい!それで、2曲目は?別の時代からもう一曲弾いてくれるかな?」と言われ、なんと、耳を疑うとはまさにこのことだ、と思った。

そんな、今急に言われても・・だけど、試験官の先生は「入試要項に書いてあったでしょう?」と。あちゃー、あんまり確認してなかったかもしれない。

運よく最近まで練習していたバッハがまだ弾ける状態にあったので、急きょ、それを弾くことにした。試験官の先生方(2人いらっしゃった)がフレンドリーだったのもあって、ハプニングがあったにも関わらずピアノの試験はそれまで受けてきた試験のどれよりもリラックスして受けられた気がする。

このあと外国人だけがドイツ語の試験を別の会場で受けて、そして、全ての試験が終わった。

何はともあれ、私が勉強するべきなのは一にも二にもドイツ語だ、と思った。ドイツ語がもっとできていれば、入試要項に目を通したときに副科ピアノで2曲弾かなければいけないことなんてきっとすぐに理解できたはずだ。
それに、和声の試験でもきっとあんなに緊張せずに済んだに違いない。

こうして私のどきどきな受験が終わった。試験をすべてパスしたことが確認できて、今までにない安心感を感じながら蒸し暑い日本へ帰った。

高校を卒業したら、とうとうあの大学へ通うことになるのか。色々と苦労はたくさんしたけれど、、高校卒業後すぐに始まる新しい大学生活をドイツで始められることが決定して、私はとてもわくわくしていた。

関連記事:

ドイツ語A1受験

ドイツ語B1受験

ドイツ語B2受験

ドイツ音大受験 その2

前回の続き。
それで何はともあれ高3の初夏、日本を出国できてドイツの姉(既に留学中)が住む家に着いた。季節は6月も中旬に近づき、暖かい日差しが差し込んでいた。エアコンは無くても、心地よく流れてくる風で十分過ごせるドイツの快適な気候。受験旅に持ってきたのは、もちろん楽器(バイオリン)と楽譜、入試の舞台で着る衣装(黒のワンピース)とパスポートなどの重要書類たちと普段用の衣類。
受験のために来ただけで、観光する予定もなかったので極力少ない荷物をつめこんでいった気がする。

ドイツ音大受験対策コース
ドイツ語A1~B2対策コース
ドイツ音大 ソルフェ対策コース
 

ドイツに着いた翌日。さっそく入試が始まった。

海外の大学ではよく聞く話だけれど、実力があったとしてもそれだけで合格出来るわけではないのが難しいところで、師事したい先生に事前にコンタクトを取って何度もレッスンを受けて、その先生から(あるいは他の門下生からも)門下生にしても良い、と思ってもらえないとまず受からない。座る「席(プラッツ)」を用意してもらえないのだ(しかもその席はたいてい、1年に1つか2つくらいしか空かない)。コミュニティの一員として迎えてよいか、ということをいろんな角度から見られるのだと思う。ドイツ音大を受験するときにまず「先生」を探す、というのはそういうことなのだろう。

ところで私が入試のために準備していった曲は、バッハの無伴奏ソナタから2曲と、モーツァルトとグラズノフのコンチェルト(それぞれ1楽章)と、エチュードを1曲。

試験で弾く前には、軽く自己紹介と自分が何を弾きたいのかをドイツ語で(もしくは英語でもいいのかな。でもドイツ語のほうがやっぱり印象がいい気がする。)話さないといけない。それで、一曲弾き終わってからも審査員の先生から「次は何を弾きたいの?」とか聞かれたりするから、ヴァイオリンを弾くことよりも先生方が投げかけた質問に答えられるか、ということの方に対して緊張した気がする。
実際にある一人の先生が私に「モーツァルトかバッハ、あまり時間がないからあなたの弾きたい方を弾いてくれるかな?」とおっしゃった。

モーツァルトかバッハとは、どうしよう?えーとえーとと思っていたら、審査員の別の先生が「バッハがいいんじゃない?」とアドバイスしてくださった。

入試というただでさえ緊張しやすい本番が、さらに外国語で先生方とちょっとしたコミュニケーションを取りながら進められていくのは外国人にとってはちょっとハードルが高い気がする。いつもそばにいてくれる姉もさすがに試験会場には入れないから、姉と別れて試験の行われる部屋へ向かう時は心細かった。

あと一つ、実技試験ぎりぎりまで私の胃をきゅるきゅるさせていたのは、伴奏の先生がなかなか現れなかったことだった。ピアノ以外の楽器で受ける人は、弾く曲が無伴奏でない限りピアノ伴奏の先生と一緒に弾くことになる。伴奏の先生は、一緒に本番を迎える同士というか、「一緒に」という意識を持って挑む仲間。

伴奏の先生というのは、もし一緒に弾く相手が間違えたとしてもそれをフォローして何事もなかったように引っ張っていったり、暗譜が分からなくなったらメロディーをひっそり弾いて暗譜の手助けをする、とか大事な役割を担っている。

その大切な伴奏の先生が、もう次は私の弾く番になってしまったというのにまだ現れない。

困った、焦った、どうしよう!もし今私の出番になって呼ばれてしまったら?

焦って青ざめておろおろしているうちに試験部屋のドアがキイイと鳴って、前の受験生の人が出てきてしまった。ああ、絶体絶命。。だってどうやってドイツ語でこの状況を説明すればいいのだろうか?今だったら多分なんとか伝えられると思うけど、入試を受けた当時の私のドイツ語力は残念なもので、とてもそんなことできそうになかった。

そうはいっても何とかして伝えなくては。。と意を決して部屋に向かおうとしたその時、別のドアが開いて伴奏の先生が出てきた!

ああ、やっと!!

日本では伴奏の先生はコンクールなどでも常に自分のそばにいてフォローをしてくださっていたので、初めてドイツで伴奏の先生と弾くことになったこの時はこの対応の違いにかなりタジタジしてしまった。

そんなこんなですべての曲を弾き終わって、ほっと一息ついたのもつかの間、割とすぐに結果発表。30分後くらいだったかな、ドキドキしながら掲示板へ向かう。

と、そこに私の名前が!!

私の名前はアルファベットで書かれていてもパッと目に入りやすい。それに、Japanと書いているかを見ればいいのだから、合否はすぐに分かった。

そう、実技試験はとりあえずパスできた。これで入試の大部分はgeschafft (やり遂げた)。

ドイツ音大受験その3(ソルフェージュと副科ピアノの試験編)に続く。

ドイツ音大受験その2

ドイツ音大受験その1