電気会社と契約?!

こんにちは♪姉です。

これは、ついに学生寮を出て大学近くのお部屋への引越しが決まった頃のお話。

 

12月19日。待ちに待った入居の日。

その日は不動産屋さん、前入居者、私の3人が、引き継ぎの最終確認をするために現地に集合していた。部屋の確認を済ませて最後に契約書にサインをして終わり、っていう流れだったんだけど・・・

部屋の点検も終わり、契約書に目を通しサインをしていると

「そういえばStrom(=電気)についてだけど」

と不動産屋さんが言う。

「どこでもいいからどこかの電気会社と契約しておいてねっ。契約に必要な番号は地下の管理室にあるから☺️」

って。

 

え、電気会社と契約〜!?

それまでに住んでた家(寮)が光熱費全て込みだった為、そんな事今までしたことのなかった私はパニック。

え~!どこでもいいってどこの電気会社?”

どうやって契約するの?電話は嫌だけど店舗に行くのかしら?!”

“そもそも契約って?!今の契約書にサインをすれば全部終わりだと思ってた!泣”

“前に住んでいた家ではそんなのなかったよー!泣”

“Stromって何のこと?ガス代?電気代?泣”

“地下って何?!ひとりで番号を探すなんて絶対に無理!見つけられない泣”

分からないことが多すぎて(というより分からないことしかなく)頭がいっぱい。

するとそれを察してくれたのか不動産屋さんが、

「今から一緒に地下へ必要な番号を見に行きましょう」と提案してくださり。

前入居者も一緒に3人で地下へ移動。

 

そうしたら、ガスや電気などのメーター?が住民全員分置いてあるお部屋があったのです。私の部屋のメーターも見つかりました。

契約に必要な番号ってこれか!

写真に撮る。

↑ここまで、私1人だったらぜっっっったいに!むり。

不可能です。

鍵が必要っぽかったし。

 

そうしてまた3人で部屋へ戻り、あとは順調に色んな最終確認を済ませていくのですが、

全て終わってこれでバイバイってなるところで、

いや、これは流石にまずい、

あまりにもStrom(=電気)の契約について分かっていないと考え、

 

“あの〜Stromの事がイマイチまだよく分からないんですが・・・泣泣”

 

と勇気を振り絞って聞いてみました。

すると、いずれにしても解約のため行く予定だった、という前入居者の方が電気会社まで同行くださることになり。

そうしたらなんと拍子抜けの近さ、実は家を出て2分程のところに電気会社はありました。そこでさっき撮った写真を見ながら契約番号など、いろんな情報を申し込み用紙に記入していき、この一件はなんとか落着。

いやぁあの時勇気を振り絞り、“分からない“ってちゃんと言ってみてよかった。

もしも言い出せず、一人で全部やることになっていたらおそらく私、いつまでも契約できていなかった。

世はクリスマスマーケットで浮かれていたけど、その中を一緒に電気会社まで付き添ってくれて、用紙に記入するべき事も細かく丁寧に教えてくれて、親切にありがとう、前入居者さん!あなたがいなければ私は電気の無い生活を強いられていたでしょう!

恐怖!悪徳 鍵業者 (前編)

こんにちは、姉です!

5月のある平日。(履歴を見たら5月15日(火)だった)

なぜかその日に限って(おそらくドイツに来てから初)、一人でデリバリーを頼む。全くご飯を作る気になれなかったんだろうね。お金がなくて切り詰めてたはずなのに何故って今なら思うけど。

私が好きな美味しいベトナム料理のそのお店は、ランチタイムの配達は15時まで、夜は18時からという風に時間を分けていたの。

私が注文しようと思い立ったのは15時近く。

そして食べたい料理を決めてさあ注文!ってときにはもう15時を過ぎていて、

つまり今注文しても夜の配達(=18時)までお腹を空かせて待たないといけない。だけどどうしても今日はそれを食べたい!っていう気分だったから、思い切って注文。

そして待つこと3時間、時間通り18時に配達のお姉さんが到着。当時住んでいたのは学生寮で、私の部屋は4階。お姉さんが頑張って階段を上がってくる足音が聞こえたから、私は玄関のドアを開けて、廊下に出て外を伺い待っていたんだけど・・

なんとなーーーく、なんとなく、

本当に本当にちょびっとだけ、このままだと家の中(散らかってる)を配達のお姉さんに見られちゃうなあという思いがよぎり、なんの気なしに

 

パタン

 

とドアを閉じちゃいました。

 

・・・。

 

・・。

 

・。

 

アレ・・?

 

・・・・!

 

ガビーーーーーーーン‼️

 

ドイツの家のドアというのは、ほぼ(私にとってはかなりやっかいな)オートロック。日本の家のドアは、鍵を閉めない限り外からでも開けられるよね。

つまり私、家の中に鍵を置いたまま閉め出されちゃったのですん。

そのとき私は、ほぼパジャマの部屋着に裸足のまま、玄関の外用マットのあたりに立っておりました。鍵を持たずに。

不幸中の幸いというかなんというか、デリバリーの料金は現金で手に握りしめていて、食べ物の代金はちゃんと払えたよ。

私:お姉さんーーー!! 私!あのね!ここに住んでるんだけど!ドアが今パタンて・・ 閉まっちゃった泣 どうしよう泣

宅配のお姉さま:まあなんておかわいそうに。うん!頑張ってね!!

 

・・・・・。

 

宅配のお姉さまお帰りに。そりゃ次に向かうお家もあるだろうし、引き留めてはいられないよね。

本当は、本音をいうと、是非ともそこで大家さんもしくは鍵会社さんにでも連絡して欲しかったけど!泣 そんな事、忙しく働いているお姉さんにお願いできるわけないものね。

ぐすん。

そしてそしてここからゆっくり、だがしかし確実に事態が悪い方向へと進んでゆきます。

ヒェーー

そういえば、前にハンブルクに住んでいた時同じように閉め出されたことはあったけど、あの時は大家さんが一階に住んでいてすぐに開けてくれてたんだよね。あぁあの頃は良かったなぁ、大家さんが常にいるって素晴らしい事だなあ。(遠い目)

最初は状況を読み込めずボーッとしてたけどようやく事態を把握、そうだ!これは緊急事態だ!大家さんに連絡しないと!と思った私。1階までピューーッと駆け足(裸足)で降りていき掲示板に載っている大家さんの連絡先を確認! あった。

大家連絡先: ◯◯◯ー◯◯◯◯
営業時間: 07:00ー16:00

※現在時刻 18:00

(実際の写真がこちら↓)

 

がーーん。営業終わってる。

もうっ!私ったらなんでデリバリーなんて頼んだのかしらっ!なんで注文、ランチタイムに間に合わなかったのかしら!もうっ!

 

なんでドアを閉めちゃったのかしらーーーーーん!!!

 

しょうがない。

あれ、でも掲示板をよく見たら、営業時間外の緊急時はこちらへどうぞって書いてある!

そうだここに電話をかけよう🙆‍♀️

さてさて、電話番号は?

・・・っって

わたし携帯持ってないじゃないのー!泣

部屋に置いたまま閉め出されたー!泣

残念無念、後悔先に立たず、覆水盆に返らず、とらぬ狸の皮算用・・あ、これは違うか。はぁ・・。

こうなったら今の私に出来るのは、この寮の中のどなたかのお宅をピンポンしてスマホをお借りして電話をかけること。

掲示板から一番近いところにあったお部屋をピンポーン。

同い年ぐらいの女の子が出てきた!

私: あの、こうこうこういう事がありまして、あなた様のスマートフォンをお借りしてもよろしかったりしますか?

女の子は快くすぐに貸してくださり、とりあえず大家さんに電話。でもやっぱり大家さんは営業時間外でつながらず。もう一つの番号にかけてみる。

これが今になっても謎で、私はあの時一体どこに電話をかけたのか?分からないまま迷宮入りなんだけど、つまるところ、関係ないところにかけちゃったみたい。

電話に出た人が速いドイツ語で話すからよく聞き取れず、でも私の名前とか住所を聞いてくるから、おそらく助けに来てくれるんだと理解した私。電話を貸してくれた女の子にお礼を言い、そのまま待つ事に。

結局、誰も来ないんだけどね・・ひたすら待ちました。

スマホはないし建物の中にも時計がなく時間の経過が分からないけど、体感で30分ぐらいは待とうと思い、覚悟を決めて待ちの態勢に入りました。

でも、待てども待てども誰も来ない。その間にも寮の住人の出入りはあって、通りすがりに不審な目で見られながらも、ひたすら裸足で待ち続けるかわいそうな私。

体感30分ぐらい経って、さすがにこんなに遅いって変じゃない?と考える。

私と喋ったあの男の人の仕事リストには「部屋から閉め出された子を助ける」って入ってないのでは?とようやく悟り、これはもう鍵会社さんに連絡しようと思う。

だけど。さっきの女の子にまた電話を借りると「あなたまだ家に入れてないの?可哀そうねえ」って思われそうで恥ずかしい。だから今度は自分の部屋がある4階へピンポンしに行くことに。誰にしようかなって悩んだけど、普段からどんちゃんパーティばかりしているうるさい右隣の男の人はなんだか怖かったので、人が住んでいるのかと疑いたくなるほど全く生活音が聞こえてこない、左隣のお家にピンポン。

男の人が出てきて、

Hallo! 何の用だい?

(ドイツ語のハローはHALLOだよ、HELLOじゃないよ、スペルミスじゃないからね。)

私:これこれこういうわけで、鍵会社に来てもらいたいんだけど携帯を持っていないのでお借りしてもいいですか?

左隣の住民:お安いご用!

女の子の携帯をお借りした時は私が自分で電話をかけたんだけど、その男の人は鍵会社に電話して事情を説明するところまで全部やってくれて。(後から考えればこれも良くなかったんだけどね・・・ヒイ。)

 

左隣の住民:5分で来るってよ!下で待っとくといいかも^^

私:ダンケシェ------―――ン!

さっきはあんなに待たされたのに5分で来てくれるなんてすごいや、なんて呑気なことを思いながら、左隣の住民が呼んでくれた鍵業者の方を待ちます。

そしてそして。

すでに家から閉め出されて1時間ほどは経過していたでしょう。

待ちに待った鍵業者らしき軽トラック到着。

そこから出てきたのは・・・・!?

(次回へ続く)

ドイツ音大初潜入!ドイツ語の洗礼を受ける

「こすずめのぼうけん」のごとく生まれて初めて日本を出て、海外に発った高校2年生を待ち構えていたもの。

それは、20時間以上の長旅ののちにやっとの思いで到着したハンブルク中央駅から漂う 何やら怪しげな匂いなどとは違って逃げられるものではなく、容赦なく私に降りかかってきた。

気付いたら「受験生のための和声と聴音の集中講座」の席に座っていた。

元々は当時ドイツ音大受験を2ヶ月後に控えていた姉が、受験の課題について理解を深めたいということでこの集中講座への参加を決めていた。色々あって同じ時期に私も同大学のヴァイオリン教授のレッスンを受けることになり、姉と一緒にドイツに飛び立ったのだった。

<豆知識> 

*(ドイツ音大における)受験生のための和声と聴音の集中講座とは

受験に出る和声と聴音の課題をおさらいしよう!という集中講座。3日に渡って大学で開催された。和声や聴音の課題をたくさん解いて、来たる受験に備える。

この期間に何回か大学に足を運ぶことで、大学の雰囲気に慣れたりもする。
全てがドイツ語で書かれているのが当たり前でそれが新鮮な図書館に入ってみたり、学生さんたちがワイワイ食事をしている食堂で自分も学生になりきって何かお安くて美味しいものを注文してみたり。

コミュニケーション力が高い人は友達が出来ちゃったりするかもしれない、嬉しい講座。

ここに参加する人々の大半は周辺の地域からこの大学を目指してやってきたドイツ人。必然的に私たちアジア人(私と姉と、初対面の台湾人2名のみ)は珍しくただそこにいるだけで目立つ存在に。

*和声

メロディーに付くコードと同じもの。
明るい、暗い、不思議な感じがする・・というように、ハーモニーを作り上げる基礎のような。曲が作られるためのピースというか。この授業では一つの曲がどの和声から成り立っているかなどを分析したりする。
受験では自分でピアノ伴奏をしつつ、和声分析を口頭で行うという大学も(もちろんドイツ語で)。私たちが受験した大学もこのタイプ。難しい。

*聴音

聞いたメロディーを五線譜に書き取る。4回ほど聞きながらそれを覚えて、書き取ってよろしい、と言われた後に書く暗譜と呼ばれるものも。
後は、「リズム叩き」といって右手と左手で左右同時に異なる複雑なリズムを机の上で叩いたり、とか。
個人的に聴音の授業は音高時代から結構好きだった。

「…ist …dann……?…..bitte?」

あれ、何か先生が私を見てる。質問されてる?まずい。何か言わないと。

焦った気持ちとは裏腹に、へへへ、と得体の知れない笑いしか出てこない。

周りはシーンとした空気。

中学3年生の春休みからドイツ語をかじり始めた私は当時高校2年生、もう既に何年かドイツ語を学んでいる状態のはずだった。おはようございます、ご機嫌いかが、なんてレベルは卒業したと思い込んでいたし、実際ゲーテのB1の「書く」試験にはパスしていた。

ゲーテのB1とは

ゲーテ=ゲーテインスティテュートの略。世界共通の青少年および大人のためのドイツ語検定試験。「読む」「書く」「話す」「聞く」の4つのモジュールに合格しなければならない。B1は6段階の評価レベルのうち3番目に当たる。このB1試験に合格すると、ドイツ語圏を旅行する際に出会うほぼすべての状況に対応することができる、とゲーテインスティテュートのホームページには書いてあるが、真相はいかに?

・・・だからそれなりに出来るかな?と思って現地に来たわけだけど、ところがどっこい聞いて分かることがこれっぽっちもない。

フランクフルト空港のスタバの店員さんに「アイスティーbitte (お願いします)」と言うのが精一杯だった私にとって、

「この和音の属調のサブドミナントは何ですか?」(今振り返ると、多分そのようなことを聞かれていたと思う。)・・・なんて質問は余りにもハードすぎた。

その時の私は、いかにすれば先生から当てられずに済むか、どうしたら喋らずに済むか、という事ばかり考えている典型的な外国人の生徒だった。

何のことはない、とにかく何を聞かれても答えられないのだから開き直るしかない。そう自分に言い聞かせて必死に耐える。

その日、講座が終わって借りていたアパートに戻る道の途中で、ふと涙が出そうになった。何でここに来ちゃったんだろう。しかもあと2日もある。

それは正真正銘、まさしく苦行の時間だった。

暖かい巣から飛び出して冒険することの厳しさを、このとき初めて知った。

あれから3年が経ち、私は大学2年生になった。あの辛い洗礼を受けた大学に通い始めてもう1年以上になる。

先週受けた音楽史のセミナーでは、他の参加者全員の前で10分間以上も話してみせた。

少しは成長出来たのではないか?